オタクギョタク <新版 社長サイン付き>
5c122afac49cf31877a60f6d 5c122afac49cf31877a60f6d 5c122afac49cf31877a60f6d 5c122afac49cf31877a60f6d

オタクギョタク <新版 社長サイン付き>

¥2,000 税込

送料についてはこちら

オタクギョタクの新版です。オリジナルスケッチを高詳細でスキャンしました。明和電機の魚器(NAKI)シリーズの出発点となった作品です。 <あとがき> 僕には子供の時から繰り返し見る魚の悪夢がある。奇形の魚が池にびっしりいて、ヒラメのように並んだ目でこっちを見ていたり、断崖を落ちそうになりながら歩いていると、下に巨大な魚がポッカリ口を開けていたり、背中にびっしり毛が生えていたり、 手が切れそうな鋼の鎧を着ていたり・・・。おそらく心の底にある「得体の知れない何か」が、魚の形で意識の中に泳ぎ出していたのだと思う。 22歳の時、僕はスランプになった。幼稚園の頃から、将来は芸術家になることを決めていた僕は、何の疑問もなく美術大学に進み、作りたいものを作り続けた。しかし22歳の4月、その疑問は突然現れた。「自分が作りたいものは何なのか?」「そもそも作るとはどういうことなのか?」それは創造行為そのものに対する根本的な疑問だった。そのため、僕は全く作品が作れなくなった。 手も足も出なくなった時、魚の悪夢を思い出した。創造行為の出発点には「見えてしまった」イメージがある。ではそのイメージとは何なのか?僕の場合、魚の悪夢という形で時折浮上するものがそれだった。ならばその魚を徹底的に現実世界へ釣り上げてみよう。手当たり次第に捕獲し、それを分析すれば、 自分の中の創造行為に対する根本的な「核」が見つかるかもしれない。 魚を描くために、釣った場所と時間が記入できる専用フォーマットをA4の紙に印刷し、 細めのサインペンを持って、僕は深夜のファミリーレストランに向かった。釣り上げる魚の数は1000匹に決めた。薄いコーヒーを飲みながら目をつむり、浮かんだ魚を下描きなしで片っ端から描き始めた。こうして「オタクギョタク」の作業が始まった。 描く時2つのルールを決めた。 ① 「これは魚じゃないから・・・」 などという思いは捨てて、とにかく見えた魚をひたすら描くこと。 ② 同じ魚は描かないこと。 最初の3日で50匹ぐらいがスイスイ描けた。このペースなら、1000匹ぐらい2ヶ月で描けると思った。 しかし描くにつれて、どんどんイメージが減っていき、 「同じ魚は描かない」というルールのため、筆が進まなくなっていった。318~327あたりは、かなり行き詰まっている。不思議な事に行き詰まりを乗り越えると、後は楽に描けた。 1991年6月26日にスタートしたこの釣りは、1991年11月15日に1000匹目を無事釣り上げることで終了した。分厚いA4の紙の束の重さが、手で実感できる「確信」のようで嬉しかった。 続いて僕は分析作業に入った。1000匹の魚をカードにし、 似たもの同志を集めた。紋様、形状、ユニークさなど、様々なポイントに注目し、カテゴリー分けをしていった。これがうまくいけば、自分の中にいる 「得体の知れない魚」 の進化の系統分類図が作れるはずだった。しかし、この作業は失敗した。生物は時間軸にしたがって進化しているので、樹の形のような、線的な系統樹ができる。しかし頭の中のイメージはもっと交錯しており、線的な分類は不可能だった。床に広げた1000枚のカードを眺めて途方に暮れたが、脳の仕組みの面白さを実感する事ができた。 オタクギョタクを描き上げて、僕は2つの事を得た。一つは、「自分に制約をつけずに何でもどんどん作ろう」という勇気。描いちゃいけない、作っちゃいけないという思い込みこそが、創造行為の最大の敵であると思った。当たりハズレがあってもいいじゃない、とにかく作ろうよと。もう一つは、「自分はモノを作り続けることができる」 という自信。1000匹目を描き終えた時、1001匹目を描く自信があった。2000匹も描けるだろう、10000匹も大丈夫だ。つまり、自分が生きている限りモノを作り続けることができるんだ、という確信を持つ事ができた。 オタクギョタクで得た“勇気”と“自信”は、その後、魚器(なき)シリーズを生み出し、 明和電機という型破りな芸術表現を出発させる原動力となった。 オタクギョタクは芸術家・土佐信道が作った、最初の作品だったといえる。 2005年 7月12日 土佐信道(明和電機)